アーカイブ | 1月 2017

  • 生活習慣と漢方で発熱を治す

    最近では生活習慣病という言葉をよく聞くようになりました。この生活習慣病というのは乱れた食生活や運動不足、睡眠不足などといった生活習慣が原因で引き起こされる病気であり、糖尿病がその代表となっています。風邪のほとんどはウイルスによる感染によって引き起こされるものであり、そのウイルスの数は150種類程度あると言われています。漢方の風邪薬では発熱や咳などの症状を和らげることはもちろん、人間がもともと持っている自然治癒力をサポートすることにより、風邪を治療していくことができるのです。軽い風邪ならあまり気にしないという人もいるかもしれませんが、他の疾患の引き金となってしまうこともあるため、できるだけ早めにしっかり治療することが大切です。漢方ではひき方によって風邪の治療方針を決めていくことになります。風邪のひき方は大きく2つあり、1つは悪寒がするタイプでもう1つは喉の痛みや発熱があるタイプです。また、暑い時期にひく風邪には違う種類の漢方を使うこともあります。風邪の多くは栄養不足による抵抗力の低下が原因であると言われていました。しかし、近年では喉が痛む風邪が増えており、過労や睡眠不足、過度のストレスなどの原因があることも分かっています。また、体力のない高齢者が風邪をひくと症状が長引いたり、なかなか治らないこともあります。発熱に有効な漢方について詳しく知りたいという場合、専門のサイトに訪問してみると良いでしょう。漢方を専門としているサイトに訪問することにより、発熱に有効な漢方についていろいろ知ることができます。発熱に有効な漢方といってもいろいろあるため、特徴などを比較して選んでいくことが大切です。